忍者ブログ

不思議箱屋日誌

 現在札幌にて日々活動中の自主制作映画プロダクション!    役者、撮影、編集、音楽、絵、衣装、メイク、特殊メイク、特殊効果、広告・宣伝などのスタッフサイドの参加も大・大・大募集。  まずはご一報を ⇒ husigibakoya@excite.co.jp

イマフレ予告編制作

2014年5/17



 お久しぶりの オツカレー!



 自主制作映画「イマフレ」こと「イマジナリー・フレンド」、現在予告編を2本制作中です。




 近日、劇場公開日と共に YouTube にて公開予定です。
 
 
 もう少しお待ちを!






 一本目の予告編は、ティーザー予告(30秒)。




 ティーザーって何?




 はい、





 実はですね、自分も最近までピンときてませんでした






 wikiより引用。

ティザー広告とは広義では、ある要素を顧客に明らかにしないことによって注意をひこうとする商業広告の一手法で、

狭義では「本来、広告で伝えるべき商品についての要素のいくつかを意図して明らかにせず注目を集める広告手法」と定義することができる。

英語のtease(じらす)から命名されている。覆面広告とも言う。






 要約すると、

「...これ何!?...えっ、え!」

 みたいなとにかく、引っかかってくるもの(予告編)ですね。






 こちらは約30秒です。

 全カットにソフトフォーカス(ボケ効果)を足してます。






 雰囲気重視で作ってみました。








 続いて、第二弾は、一般的な予告編ですね。



 前半は物語の大まかな流れの紹介、

 後半はメインキャストを前面に出します。


 こちらの分数は二分弱となります。





 両方共、ほぼ
八割型完成 してまして、微調整をしています。

 





 そういえば、先日アクターズスタジオさん、SCCさんと 映画上映の打ち合わせ をしてきました。


 女の子二人が大通り公園を紹介する動画の出発点から、まさかこんな80分の長編映画になったこと、

 そしてまさかの 劇場上映 が決まったなんて未だ信じられません。夢じゃないですよね?

 
 
 
 成功はもちろんですが、

 この上映で、より多くの人に見てもらいたいのは勿論のこと、


 映画監督 竹中透 作品を はじめて見ました!っていうお客様がたくさん来てくれることを楽しみに待ってます!

 
 

 今回、大半を 未来のスターを目指す アクターズスタジオにて役者をキャステイングしているので、

 「 あの子良かったな 」という

 この作品がキッカケでファンになりました っていう人が増えれば、それもそれで嬉しいです。


 今回の上映、今後多々に渡り告知できる内容なので、多いに期待していると同時に、良い作品に仕上げるという心持ちも今まで以上に強いので是非、楽しみにしていてください。
 
 

  

 

拍手[2回]

PR

20分の壁

2014年5/3
 

 あ、最初に言っておきますが個人的なボヤキです。


  

 20分の壁

 厳密に言えば、20分以内の壁。





 全国で開催されている短編映画祭のほとんどが20分以内を募集要項としています。

 なので20分を少しでも超えると規約に触れる為、出品ができない現実。





 映画祭に出さないことを念頭に作るので全然問題ないんだけど、

 そうは言ってられないんですよね。




 ひと昔前は助監督から修行して晴れて映画監督に!という道が一般的だったのですが、

※あと別業界から移行という近道。



 ビデオカメラという物が販売されて以来、誰でもカメラさえあれば映画を撮ることが出来るようなりました。




 ちなみに20分以内の映画祭ではありませんが、尊敬している北村龍平監督(最新作は「ルパン」)、吉田恵輔監督(最新作は「銀の匙」)はゆうばり映画祭から一気に脚光を浴び、劇場映画を監督に至ってます。


 監督を目指すものに撮っては映画祭に作品を出せる作品を作ることは第一歩なんですね。







 さて、話は戻しますが、

 脚本20分の壁、意外と挑戦すると しいんです。
 
 
 
 
 
 
 
 自分の伝えたいものが、なかなか20分で描ききれない。

「LIB」⇒ 完成版46分
「ワンズ」⇒ 約50分
「イマフレ」⇒ 約80分 
 
 上記作品達は全て20分を以内を想定して脚本制作を始めました。





 20分描くストーリー、
 

 
 
 今、自分の中の脚本の 基盤 としているのは、極めて王道なんですが簡単に説明すれば、

 主人公が何かしらの物事にはぶつかって、

 それを色々な助けを得て、最終的には自分の力で勝ち取っていく



 というパターンです。






 現在執筆中の新作も、この起承転結を元に試行錯誤しながら書いています。

 映画は表現の仕方によっては短縮するという演出もできます。

 でも、なんでもかんでも短縮してしまうと、ただ単にストーリーをなぞるだけのプロモーションビデオになってしまいます。それじゃあ観客の心はつかめない。

 

 カッコイイだけの映像は技術さえあれば得ることはできますが、人に心を掴んで離さないものは、最低限の技術は必要ですが、一番強いものは

 本当に伝えたい、描きたいという強い気持ち。

 それをどう紙面(今はデジタル)で表現していくか?

 それが脚本家の一番の腕の見せ所です。





 いかに重要なところをシッカリ魅せつつ、かつ上手い短縮方法で物語を描き切っていくのかが今、自分に課せられた大きな課題なのです。

 
 
 
 
 
 よく短編映画で、

 またの名、ショートフィルムとも呼ぶのですが、

 起承転結をあえて描いていない作品があります。

 淡々と一つの物事には拘った作品。



 あと、多く見受けられるのがセリフを極力排除した作品。

 海外も視野に入れれるので、かなり強みに。






 でも、自分描きたい世界はちょっと違う。

 「何よりもドラマで人を心を動かしたい! 」




 
 その為には 魅力的な登場人物 が必要であり、心を引き込ます物語 が必要なんです。




 何本書いても満足する答えにはたどり着けませんが、

 それでも その時の自分の描きたいもの を、全力で脚本に ブチ込んでいます!
 
 
 
 

 
 打倒20分の壁!





 まずはこの戦で今後も戦います!




拍手[1回]

テレビ塔と振り返り名所

2014年4/28


 札幌の名所 さっぽろテレビ塔  登ってきましたー!


 


 ふと、高いところからの景色が見たい!

 という思った訳ではありません。




 自主映画「イマジナリー・フレンド」の追加ショットです。

 雪もなくなったところだし、少しずつですが春らしくなってきましたね。まだ多少肌寒いですが。
 

 

 テレビ塔、通常は大人は通常720円で上がれます。 

  
 
 
 
 今回は、どうせならということで、昼夜チケット(1100円)を購入して昼間帯と夕日が落ちた夜帯の2回上りました。

 料金詳細は、こちら





 はい、

 突然ですがここからは「イマフレ」本編のカット本日追加撮影したショットを振り返っていきたいと思います。






 ↑現在 なんかこのシルエットいい。
上から見上げたドシーンと構えた威圧感が溜まりません!

↓本編、オカリナの心情に変化が見られる重要なシーン(テロップはアフレコ用のセリフです)



 


これが上空ショット。
なんか特撮のミニチュアみたいだ
 
 

 人や車の流れを眺めていると時間を忘れますね

 いつか予算が出る映画が撮れるようになったら、大通公園を突っ走る集団を、上空にヘリ飛ばして空撮したい。
 

 

ほんと人間すごいなと、痛感しました・・・







 
大通り公園。
ここは、本編 良太朗×美咲 のシーンやオカリナ単体ショットで何度かロケしました
 
 

後ろに噴水あるでしょ






 
↑本編カット狸小路(このシーンの他にも何回もロケ撮影しました)

↓現在の狸小路



 次


※現在
生鮮商店街を抜けた路地裏
ココで「よーしスタート!」の合図と同時にマイクの風防が吹っ飛ぶ珍事件がありましたね


  
↑本編。
夜で肌寒い+雨で最悪な撮影環境でしたが、完成した映像は 見ごたえ ありますよ
 
↓現在





 他にも数カットを景色追加撮影しました。

 
 本日撮った映像はインサートカットと終盤に、振り返りその後カットとした使用します。



 

夜のテレビ塔上空ショット






 1100円 出したかいがある 圧巻な風景 を抑えることができました。






 さて、近日発表しますが、

 「イマフレ」、劇場をお借りて 6月下旬 有料上映やっちゃいます。

 後日、日程、場所等を発表しますのでお楽しみに。


 
 
        

拍手[2回]

エイプリルフールの嘘

2014年4/1(火曜日) 




 本日は、エイプリルフール。

 この日にどうしても綴りたかったことがあります。

 
 
 


 






 
 
   嘘。








 ウソ。










  嘘は大きく分けて二種類ある。










自覚してつく嘘

 と

自覚しないでつく嘘








 ちょっと待って!







 後者の、自覚しない嘘 ではないのでは?






 では、






  自分以外から発せられた嘘を、別の相手にそのまま伝えると、当の本人には自覚してない嘘として見れませんか?






 
 
 
 
 
 
 
 
 そもそも何故、人は をつくのだろうか?














 嘘ついたら針千本飲ます

 嘘つきは泥棒のはじまり











 はたして になるのだろうか?






 場合によってはという偽りを相手に信じさせる事によって、相手が幸せでいられるなら、を付くに値するかもしれない、






 また、





 人生を脅かすくらいな衝撃的な出来事に遭遇するとする

または、ずっと信じていたものが、ずっと追いかけてきたものが、
 
 
 








 ヽ(^◇^*)/ 








 まさか・・・・









 Σ(゚口゚;









 ハッ!!!









  <(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
  

  






 そんな、バカっ...








  
 相手ではなく、自分自身にを付く事によって自分自身の人格を保つことができるのであればそれは十分を付くに値するのではないだろうか... 
  
  
  




  
  
 
 
 
  
  
  


  
 はい、










 次回作は、そんなをテーマにしたにまつわるお話を描こうと思っています。見ている観客の胸に突き刺さるドラマ、きっとおそらく今までにないテイストに仕上がります。











 さぁ、これも 嘘か、本当か...






拍手[2回]

90分切りに成功!

   3/22(土曜日)


 オツカレー





 聞いて、

 聴いて、

 …きいてください(^ ^)





 現在、絶賛編集中の映画「イマフレ」こと「イマジナリー・フレンド」、

 ついに目標の90分を切ることが出来ましたー!

 

 クレジットが入る分もちゃんと開けているので、この分数から縮まる事はあっても、延びることはほぼほぼありません。




 やっと一本に繋げる事ができましたね。

 とりあえずホッと一安心。




 あとは細かいところの修正、効果音、音量やエフェクト効果を加えて、よりベストな作品に持っていけるよう仕上げていきたいと思います!





 本作の見所?



 オカリナというキャラクターに尽きます!

 








 彼女は幼少期に自分だけしか見えないソラという自分の分身を作りました。

 



 この作品で高校生に成長したオカリナが学業、アクターズ、そして自分自身(ソラ)との決着をつけるまでを描いた自主映画スタイルを取りながらも長さは長編並の映画です。




 母親、アクターズの生徒達、コバP、学校の友達

 そして清原崇



 


 清原は脚本上でもイヤミったらしいヤツなのですが、今こうして実写にすると本当にいい意味でパンチがある強烈なキャラクターに!

 是非、この清原像も見てほしいポイントです。







 さて、まだ断定はできないのですが
 
 本作は 劇場での上映を予定しております。

 是非多くの方へ見てほしい!常々脚本執筆時、撮影時、編集時に思っていました。




 それと本作の予告編単発メイキング動画の制作も考えています!


 こちらもご期待下さいね。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 そして明日は、


 ついに明日は!!



 以前、当ブログでも告知していたもの、お披露目デー!


 あの日から一年 … (^ ^)


 こちらもお楽しみにー!

拍手[3回]

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

動画

ブログ内検索

QRバーコード

チェックしてね

コガネモチ

Copyright © 不思議箱屋日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]