忍者ブログ

不思議箱屋日誌

 現在札幌にて日々活動中の自主制作映画プロダクション!    役者、撮影、編集、音楽、絵、衣装、メイク、特殊メイク、特殊効果、広告・宣伝などのスタッフサイドの参加も大・大・大募集。  まずはご一報を ⇒ husigibakoya@excite.co.jp

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イマフレ予告編制作

2014年5/17



 お久しぶりの オツカレー!



 自主制作映画「イマフレ」こと「イマジナリー・フレンド」、現在予告編を2本制作中です。




 近日、劇場公開日と共に YouTube にて公開予定です。
 
 
 もう少しお待ちを!






 一本目の予告編は、ティーザー予告(30秒)。




 ティーザーって何?




 はい、





 実はですね、自分も最近までピンときてませんでした






 wikiより引用。

ティザー広告とは広義では、ある要素を顧客に明らかにしないことによって注意をひこうとする商業広告の一手法で、

狭義では「本来、広告で伝えるべき商品についての要素のいくつかを意図して明らかにせず注目を集める広告手法」と定義することができる。

英語のtease(じらす)から命名されている。覆面広告とも言う。






 要約すると、

「...これ何!?...えっ、え!」

 みたいなとにかく、引っかかってくるもの(予告編)ですね。






 こちらは約30秒です。

 全カットにソフトフォーカス(ボケ効果)を足してます。






 雰囲気重視で作ってみました。








 続いて、第二弾は、一般的な予告編ですね。



 前半は物語の大まかな流れの紹介、

 後半はメインキャストを前面に出します。


 こちらの分数は二分弱となります。





 両方共、ほぼ
八割型完成 してまして、微調整をしています。

 





 そういえば、先日アクターズスタジオさん、SCCさんと 映画上映の打ち合わせ をしてきました。


 女の子二人が大通り公園を紹介する動画の出発点から、まさかこんな80分の長編映画になったこと、

 そしてまさかの 劇場上映 が決まったなんて未だ信じられません。夢じゃないですよね?

 
 
 
 成功はもちろんですが、

 この上映で、より多くの人に見てもらいたいのは勿論のこと、


 映画監督 竹中透 作品を はじめて見ました!っていうお客様がたくさん来てくれることを楽しみに待ってます!

 
 

 今回、大半を 未来のスターを目指す アクターズスタジオにて役者をキャステイングしているので、

 「 あの子良かったな 」という

 この作品がキッカケでファンになりました っていう人が増えれば、それもそれで嬉しいです。


 今回の上映、今後多々に渡り告知できる内容なので、多いに期待していると同時に、良い作品に仕上げるという心持ちも今まで以上に強いので是非、楽しみにしていてください。
 
 

  

 

拍手[2回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

動画

ブログ内検索

QRバーコード

チェックしてね

コガネモチ

Copyright © 不思議箱屋日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]