忍者ブログ

不思議箱屋日誌

 現在札幌にて日々活動中の自主制作映画プロダクション!    役者、撮影、編集、音楽、絵、衣装、メイク、特殊メイク、特殊効果、広告・宣伝などのスタッフサイドの参加も大・大・大募集。  まずはご一報を ⇒ husigibakoya@excite.co.jp

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2章、3章の進行状況



 オツカレー!



 「ノス会」7/30 現在の進行状況をこの度、お知らせしたいと思います。




 「マジカルシスターズ編」、「小学生詐欺師編」共に 9割 撮影が終わっています。

 そして既に両作品とも映像編集段階に入っており、特に2章「マジカルシスターズ編」に関して言えば、

 音楽効果音、多少の映像効果を加えればを公開できる状態までに仕上がってきています。





 予定では8月中旬に「映雅ファンタジー」同様、週を跨ぐYouTube公開を目指し、制作進行中ですので、もう少々お待ちください。






 さて近況報告だけでは物足りないので、
この機会に2章、3章の劇中シーンを3枚ずつキャプチャした画像を初公開致します。


 作品の雰囲気が少しでも伝わればなと思います。


※なお写真は現バージョンとなり、公開する頃と異なる場合がありますので、ご了承ください。




2章「マジカルシスターズ編」
 




3章「小学生詐欺師編」
  

拍手[0回]

PR

改め「多香美と明日奈」ってどんな物語なの?

2015年4月24日




 オツカレー!




 撮影日が迫る短編映画「たかあす」こと「多香美と明日奈」ですが、

 先日、ロケ予定の現場へ行って参りました!






 


 よし!OK!








 積雪でメインとなる橋は立ち入り禁止のロープが張られるは、イスは 雪で埋まる はで、撮影がままならない状況だったのですが、5月も近いということで、問題全て解決です。





 あとは当日の 天気が晴れてくれる 事を祈るのみ。











 久しぶりの撮影ともあり不安もありますが、期待が断然上回ってます。






 さて本作、どんな話なの?

 あらすじは こちら からどうぞ 






 タイトルにあるように、

 多香美明日奈という二人の女の子の 友情 をメインとした 青春映画 です。

 厳密に言えば明日奈目線で物語が展開されていきます。






 そして最終的に、親友をどこまで信じれるか がポイントとなっています。

 



 
 
 二人の性格は真逆

 突然ですが、あなたはどっちタイプですか?






 明日奈  →  自分を抑え、周りに合わせるカメレオンタイプ。

 多香美 →  周りに合わせず自分本来の、ありのままで生きる猫タイプ。






 どっちといってもキッパリ分けられませんよね。

 ココは明日奈タイプで、アレは多香美タイプみたいな混合が多いと思います。







 そんな正反対な二人は幼少期に出会い、小・中を通じて親友となります。

 しかし、高校で離れたところで、二人の中は大きく開くのです。
 
 

 
 
 お話は、そんな二人が久しぶりに 再会 するところから始まります。

 実は近い存在だからこそ、わからない部分






 見た後、友人・親友、

 はたまた昔仲が良かった知人の顔が浮かんできた・・・・


 そんな感覚を思い起こさせる内容となっています(←まだ撮ってもいないけど、脚本の段階ではw)
 
 




 

 そしてHPのイントロダクションにも書かれていますが、

 ともある通り、「イマフレ」にも繋がる要素もかなり含まれています。

 




 シーンとして注目して欲しいのは、

 二人がお互いの感情のぶつけ合う シーン。

 期待してください。


 




 
 
 さて次のブログ更新は、まず天気が晴れて、問題なく撮影初日を乗り越えれましたら、

 これまた久しぶりの「撮影を振り返ろう」でいろいろ当日の様子を綴れればなと思います。
 
 ではでは~!
 
 

 
 




 
 
 

拍手[1回]

曲作り再開! ←何度目dayo!?

2015年3/3




 オツカレー!



 どうも生きてます、監督竹中です。




 いや、びっくり。前回のブログ更新したの2014年12/31だよ(汗)

 なかなか撮影の GO!サイン!  が出ず篭り作業していますw
 
 でも、もう少しで大々的に動けるはず!むしろ気合は以前よりありますっ!






 さてさてそんなわけで、

 タイトル「 曲作り再開! ←何度目dayo!?」

 



 と、いうわけで、再びDTMにて作曲、はじめました。

 ※ちなみにDTMとはパソコンで作る音楽のことを差します。




 「イマフレ」では、全エネルギーを脚本撮影演出に懸けたおかげで、作曲に関してほぼフリー音源に頼っぱなしにしてしまいましたが、




 この際、再び音楽をまたやってみたいと思います!
 


 
 おそらく次回作より再び、クレジットに更に自分の名が増え、ますますカオスなクレジットになりますがよろしくです。





 そもそも、なんで辞めた作曲をまた再開したのか?・・・そうですね、一番の理由は、


 カッコいい主題歌、作りたいから! です。目標。





 最近、というか今年に入ってから映画よりもアニメ見ている時間の方が多く、毎回流れるオープニングが ヤバ、カッコいい ですよね!


 そんな訳で待機中の連続もの 「ノストラダムスの会」 ことノス会、では毎回オープニングソングが流れます。(現在進行形dayo!)



 


 ちなみに自分は、

 絶対音感なし、コード弾けない、楽譜読めない

 
ので、自動作曲機能 + ループサウンドの切り貼り にての作曲スタイルです。
  
 
 
  
  
 
 そして今回の為に、バージョンアップした Music Maker MX2 を新調しました。

 あ、初音ミクでお馴染みのVOCALOIDがバンドルされたものです。
 
 
 

 
 
 
 

  
 あと最近、あえてVOCALOIDでなくVOICELOID、でこんな動画作ってニコニコ動画にアップしました。

 良かったら、聞いてみてください。
 

 脚本家 Pudding について語ってます。これ、実はシリーズ化も考えてますw
  

拍手[1回]

今年度の映画オーディション&近日決行作品

2014年8/27


かなりお久しぶりブログです。

 

そろそろ動きますよ、不思議箱屋!

 

さてさて、90分映画「イマフレ」こと「イマジナリー・フレンド」に続く作品、シナリオ練り中です。

 

 

そんなこんなで昨年に引き続き、 ‘アクターズスタジオ 自主映画オーディション2014’を只今、絶賛実施中!

8月頭に19名、つい先日14名、今まで合計33見ました。そのうち新顔さんは15名。

なんやかんやで、この時点で「イマフレ」の時より多く生徒を見ていますね。

 


ちなみに「イマフレ」に出演者した生徒は引き続き18名来てくれました。

特に子役の急激な成長には驚きます。

最近では、映画撮影を一緒にしたメンバーもよくTVで拝見します、なんか変な感じですw

 

 

映画舞台挨拶時にも話しましたが、今後は長編映画ではなく、20分くらいの短編映画を量産したいと思います。

ただ、「イマジナリー・フレンド」という超大作を撮ってしまった以上、

次撮る作品もそれに見合う、いや・・・越す勢いの作品を出さねばプライドが許しません。

 

 


「イマフレ」ではオーディションしたメンバー全員をどこかに必ず出演させるという縛りがあったのですが、今後作る作品はそういう縛りがないので、少し余裕ができました。

 


やる気のある多くの生徒を一人でも多く出したい反面、

登場人物がワチャワチャいると、誰が誰だかわからなくなり、内容が薄くなる危険性もあるんですよね。

どういう組み合わせがベストか、いろいろと試行錯誤して今後キャスティングをしたいと思います。







そして映画祭で、

作品(ストーリー)重視で勝負を仕掛けていきたいと思います!


 

 

さて、短編映画の前に2本、不思議箱屋が制作する作品があります。

 


一本目は昨年も参加したズバリ、鉄人映画

アイアンフィルムメーカーです。

詳細は ここ から

 

スケジュールが合えば ここでも、アクターズ生何名か出てもらいたいですね。





 昨年のアイアンフィルムメーカー戦い 記録

企画編

撮影編

総集編



昨年、完成作品「コスモバスター」



 

続いて、9月撮影、坂東監督の30秒作品

毎年行っているNHKミニミニ映像大賞!

詳細は ここ から


ここでもアクターズ生をキャスティング予定。


 


なんか知らない間にアクターズ専属、映像制作会社みたいになってるぞw




というわけで、アクターズスタジオ以外でも役者オーディションは随時受け付けますので、

「我こそ!」はという方はこちらからご連絡ください。

 husigibakoya@inter7.jp

老若男女募集中です。スタッフも募集中ですぞ。



 



今、しか撮れないドラマを一緒に撮りましょう!




 

拍手[1回]

久しぶりのラジオ出演で告知

2014年6月25日


 オツカレー!




 本日、上映協力していただいた札幌映画サークル、SUCPの仕掛け人のプロデューサーと共に、監督の竹中ラジオ出演 してきました!




 お昼時の12:00からの一時間。

 FM81.3Mhzのさっぽろ村ラジオかずえママの恋するシネマ」という時間にて、SUCP2「イマジナリー・フレンド」の告知をさせていただきました!






 と、その前に朝一から一足先に業務試写してきました!

 それも実際に上映される環境で!



上映会場の札幌プラザ2:5前の告知ボードの様子

 
 
 もう何百回と編集映像を見て、見慣れている作品ですが、スクリーンで見るとまた違った感動を覚えました。

 「ついにキター」という達成感!



 
席は自由席ですが、やはりおすすめはスクリーンに近い席ですね!
特に上映後のイベントは前の席推奨。



何度見ても圧巻なスクリーンサイズ、
「イマフレ」世界、80分楽しんでください!!





 
 このような大スクリーンで作品を流してもらえるなんて、光栄です。

 そして早く 皆さんに観てもらいたい気持ち で一杯です!






 さて、話は戻りますが、


 戻り過ぎますが…

 岩見沢で映画を撮っていた頃(4,5年前)、一度だけ地元のFMラジオに出演した事がありました。



 収録時、自分が喋らない時に、カメラを回して撮影したラジオ編予告がこちら!(ちなみに竹中はカメラ回していたので映っていません)
 

 
  ラジオ編「胡蝶の夢」予告




 当時は不思議箱屋第二弾の映画「胡蝶の夢」を撮っていました。


 居酒屋を借りて、下は高校生から、上は60代のご婦人までをキャスティング。

 品の出来は当時は勿論自信満々でしたが今見ると、 「う、う〜ん…」っていう感じ。それでもこの作品から得たものは大きいです。

 ちなみに上映迫る「イマジナリー・フレンド」にも、わざわざ岩見沢からこの作品に出演していただいた60代のご婦人が観に来てくれるとのことなので、嬉しいです。
 


 ストーリーがわかる予告編

 

 
 
 
 さて、そんなこんなで久しぶりのラジオ出演

 とってもアットフォームで、かなりいい感じでした。

 室内にはCDがむちゃくちゃあるところとか、「あと何秒で音入れます」とか聞いて、 「あぁ、ラジオだなー」って思いました。






 ちなみに 一時間、ほんとに映画尽くしな放送でした。

 登場人物がロバート・レッドフォード演じる男だけ、ほぼセリフなしで熱演する「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」は気になり、
 

 是非、今の若者に見て欲しい刺激作「渇き。」は更に公開が待ち遠しくなるし、

 今時女子のあるある、くっだらないけどおっもしろい「女子ーズ」w

 毎回、圧巻演技を放つ二階堂ふみの「私の男」
 
 原作ファンも唸らせた酪農映画「銀の匙」

 
 
 洋画、邦画、クラシック映画まで短時間でかなりの数の映画のタイトルが飛び交いました。




 ちなみに曲はベン・E・キング「スタンド・バイ・ミー」、モンロー映画「お熱いのが好きなの」などなど。


 





 映画が好きにはアッと言う間に一時間です。




 映画、いいね!




 勿論、 「イマジナリー・フレンド」の制作秘話や、映画を作るキッカケ話、影響を受けた監督話もしました(こっちがメインですからっ!)



 ちなみにラジオ放送終了後、出演した番組の前に放送されたパーソナリティーさんにも、札幌で自主映画を撮っているところに興味を持ってもらい、もしかしたら映画監督として近いうちに番組にゲスト出演するかもしれません

 もし、決まりましたら、またご報告します!







 さて、日に日に近づいてきましたSUCP2

 本編の完成版を観ている人は、まだ両手で数えるくらいしかいません。今のかなり手ごたえを感じています。
 
 
 
 
 
 当日、より多くの方に是非とも観ていただきたい自信作「イマジナリー・フレンド」!




予告予告「イマジナリー・フレンド」




チケットこちらから。

※当日でも窓口にて購入も可ですので、宜しくお願いします!!



拍手[1回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

動画

ブログ内検索

QRバーコード

チェックしてね

コガネモチ

Copyright © 不思議箱屋日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]