忍者ブログ

不思議箱屋日誌

 現在札幌にて日々活動中の自主制作映画プロダクション!    役者、撮影、編集、音楽、絵、衣装、メイク、特殊メイク、特殊効果、広告・宣伝などのスタッフサイドの参加も大・大・大募集。  まずはご一報を ⇒ husigibakoya@excite.co.jp

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【イマフレ製作秘話①】アクターズとの出会い編

2013年11/4

 

 はい、どうも。

 どこよりも映画製作の現場、舞台裏を公開する自主制作映画ブログ、

 それはここです!




 さて「イマジナリー・フレンド」の撮影クランクアップを終え、2 週間が過ぎました。



 最近、毎日少しずつでありますが、撮影データを脚本順に並べ替え編集しております。






さて、「イマフレ」製作秘話
 
   
 
構想⇒脚本⇒撮影

 
振り返ってみたいと思います。






まず、この作品で欠かせない話題と言えば、役者の大半を占めるアクターズスタジオ

議題「 どこでアクターズスタジオと繋がったのか? 」



はい、
一番聞かれるベスト1の質問ですね。





はい、その謎、お答えしましょう!





と、その前に

アクターススタジオとはなんぞや?

A.北海道に拠点を置く、芸能界で活躍するタレントを輩出する、養成機関(スクール)。



ちなみに1996年に北海道札幌で設立。
(旧名:北海道ジュニアアクターズスタジオ。全国展開する際に校名を現在の名称に変更)

現在は東京、大阪、横浜、群馬にもあるそうです。


そして、ここ、北海道校

出身者上げると、

有名な方はAAAの西島隆弘さん!
w-indsの千葉涼平さん、緒方龍一さん
女優の大政絢さんもココ出身ですね


アクターズスタジオ北海道本部の詳細ページは こちら







さて、話戻します。

アクターズことアクタと繋がったキッカケは・・・




 
 
全て振り返るとキリがないのでハショりますが、
時は、二年前…


竹中は、「 役者に上手く演技指導できる監督になりたい!

役者の気持ちを知るには役者を経験してみるべきだ


 と思い、札幌の劇団を調べ上げ、「ここだ!」というとある劇団(現在解散)の面談を受けました。

 残念ながら希望の役者としては落ちましたが、まさかの映像班統括リーダーに属することになりました。



 その後、劇団解散を合図に、その時製作していた劇団員をメインに製作していた自主制作映画でヴァンパイヤもの、現タイトル「One's」の製作が空中分解の危機に陥ります。

 「 ここで終わらせたくない!

 という強い意志の元、脚本を修正、再度役者を集め再びリスタートしました。






 そんな時、不思議箱屋の受信メールBOXに、一通のメールが届きました。






 監督!俺、主演で映画撮ってください!





 ええっ!?






 映画に出してくれますか? 」とかは、頻繁に言われるフレーズです

が、


 自分を主演の映画を撮ってください!



なんて、エネルギッシュな人、そうそう、なかなかいません!






 そんな訳で、熱い気持ちは受け取りたいけど、何せ再始動したばかりの作品が手元にあるという状況下・・・


 最終的に彼、主演作の製作には至りませんでしたが、





 この男こそ、あの時解散した劇団員の一人であり、当時アクターズスタジオ生の品田誠さんです。

 現在は東京へ出て、既に主演映画(商業映画)に出て、ドンドン俳優として邁進しておられます。




予告編どうぞ!
 
 

都市伝説の伝説(主演作)


二人の女勝負師





 
 そんな品田さん、只今「D1グランプリ投票」というものに参加中です、

 もし良ければ未来の役者、是非応援してあげてください。

 有限実行できる熱い男です

 


  
 
  
   
 
 さて、映画作りにはその時、至らなかったものの、

 丁度、アクターズの番組を撮っていたカメラマンさんのポジションが空白になったとのことで、

 

 品田さん繋がりで、声をかけられました。


 そこでアクターズ生(TRAPS)を使ったグルメ番組「グルメリポートInもみじ」を製作。

  
 当時のブログ記事は こちら
 

 動画はこちら

 ↓ ↓ ↓
 
 
 
画質悪いのは許して(泣) グルメ番組は初挑戦、試行錯誤して作りました
 
 
 

 
 
 完成後、
 
 

 さて、次なる番組は …
 
 そう、お待たせしました!



 ここで 自主映画 の話が上がるのです!






次回予告、
さて、どんな作品にしようか? 」編、近日お送りします!

拍手[2回]

PR

只今製作中作品は3作品です

2013年3/26


オツカレー!




外、くなってきましたね。

嫌だ、嫌だー、と嘆いても冬はもうそこまでやってきています。




もうあと少しで10月です。

あと数ヶ月で雪、降りますよね(汗)





ほんと今年はアッという間だ。

でも、映画製作は凄い充実してます。






全てが破格、最大規模の「イマフレ」の製作

末永シリーズ二本完成
 
LIB」の自主上映
 
北の映像作家展での監督作品の上映

アイアンフィルムメーカーへの参加






年越しまでに出来れば現在手元にある作品、日の目を浴びせてあげたいですね!






さて、現在抱えている作品は、大きく分けると3作品。あります





全て監督は、竹中透

脚本もPuddingです。
 
 
 
 
 

ワンズ


タイトル:ワンズ・アイデンテティ
ジャンル:ホラードラマ
予想本編分数:約60分
役者人数:11人

あらすじ
今まで周りの環境に流されて人生を送ってきた歩、20歳の誕生日に親友2人が謎の男に連れ去られてしまう。実は彼らはヴァンパイヤで、父親の死因も彼らに関係していたことがわかる。歩に決断の瞬間がやってくる。

伝えたいメッセージ:
流される人生ではなく、自分で選択する生き方を

製作状況と今後の流れ
昨年夏より某劇団とコラボして製作開始。ワンシーン撮影するも劇団が諸事情により解散。製作断念から脚本を練り直し新たに秋頃より撮影開始。しかし冬の外ロケの寒さにより2013年に持ち越しを決定。雪解け後、再開の予定だったのだが「イマフレ」の製作により撮影期間が更に延期。現在再撮影の検討中。役者の集まりによっては作品自体の構成の練り直しも可能性も。







マリア


タイトル:真理愛(まりあ)
ジャンル:制裁ヒロインドラマ
予想本編分数:10分
役者人数:3人

あらすじ
彼女の名は真理愛。自殺を遂げようとしている者の声をキャッチし改心させる仕事人

伝えたいテーマ
生きるとはアクションだ。当たってくだけろ!

製作状況と今後の流れ
「末永とも子の野望」と同日に撮影。撮影シーンは9割方撮影済み。機材トラブルにより音声が全滅していたことがのちに判明。全編アフレコ製作作品となる予定。現在編集中。年内完成を目指す。







イマフレ


タイトル:イマジナリー・フレンド
ジャンル:青春ドラマ
予想本編分数:90分
役者人数:50人以上

あらすじ:タレント養成スクールに通う高校生のオカリナ。彼女には幼い頃からの親友、空想の友達ソラがいた。人生を大きく分ける夢への道が届きそうになる一方、大事な親友ソラとケンカをしてしまう・・・
 
伝えたいテーマ
たとえいなくなっても、一生忘れない友人っていますか? 

製作状況と今後の流れ
昨年冬より企画が浮上。今年5月より本格的な製作が開始。7月より撮影が始まり、現在8割方撮影を終えている。当初10月の上映会を目指していたが、スケジュールの関係上、年内上映に変更。不思議箱屋至上、もっとも大掛かりな作品で役者はアクターズスタジオ生を中心としたコラボ作でもある。

拍手[1回]

撮影もほんと終盤戦だ

2013年9/24


 オツカレー


 「イマフレ」残りの撮影ピックアップしてみたよ。
 
 

 おおぉ、ほんとあと少しだ。
 
 
 
 改めて撮影進行表見たら、遂に来たぞーって感じ。





が撮影済み
がまだこれから
が途中まで撮影済み
が役者必要がないカット





7/25から始まってこんなに撮ったぞ
 
 
 

 
演出必要なシーン
・アクターズスタジオの未来編パート
・麗羅とオカリナ(再撮影)
・狸小路で清原とバッタリ
・路地で爽助と蓮のケンカ


 
ササッとすぐ撮れそうなシーン
 ・夜道を無言で歩くオカリナと爽助
・オカリナ無我夢中で走る
・インスタントラーメン食すオカリナ
・清原つかまる
・ 爽助×早織デート
・カメラマンによる宣材写真





 もう少しだーーーー!







あ、報告忘れていたけど、

前ブログ(スタブロ)が破棄されて前のブログにアクセスできなくなったんだけど


ほぼ現存のまま、こちら に移行手続きしています。


更新する機会は今後ないと思うけど、不思議箱屋の過去の活動を知りたい!って方は、

いつでも見れるので興味ある方、是非アクセスしてくださいね。


ちなみに一番古い記事は2013年3月です。
 
 


拍手[1回]

豪雨+マラソンにて撮影延期

2013年8/25




はい、オツカレー





突然ですが、

特殊能力欲しいなー





天候を自在に操れる能力。


透明になれるとか、相手の思考読める とか、テレポートできるとか、空飛べる とか、不死とかよりも今は、天候を自在に操れる能力が節に欲しい今日この頃です。





そんなわけで今日、「イマフレ」の撮影だったんですが

豪雨 ➕ マラソン

で撮影延期を余儀なくされました。







豪雨はなんとか空模様見て撮影可能ですが、

マラソン開催日とバッティングしていたのは全くノーマーク

予期してませんでしたー ^^;




前回撮影した場所、ランナーの荷物管理しているデカイ台車が大通り公園にババン陳列してましたよ


これじゃあ、全く前回の映像と繋がる気がしません...。







選択として、


前回の撮影した素材を お蔵入り させて屋根ある地下で一から撮り直しも考えましたが、天候が悪いので、必然的には地下の通行量が増してますよね、そんなところでの撮影・・・頭を悩ませます。




というわけで、役者&スタッフ集まってからの、解散
 
 
 
 


<(_ _)><(_ _)><(_ _)> もうしわけない <(_ _)><(_ _)><(_ _)>
 
 
 

 
 
とりあえず次の撮影出来る日まで、多少スケジュールに間が空いているので、今のうちに今後のプラン決め、既に撮影済みの映像編集メイキング作りなどなど裏方作業を頑張りたいと思います!!





追伸:皆さんのお知り合いで 晴れ男 or 晴れ女 いましたら是非是非紹介してください!!!!
もちろん我こそは!って方、大歓迎です

拍手[1回]

衣装チェンジ

2013年8/3


現在、撮影中「イマジナリー・フレンド」は、


2003年 (オカリナ7才)

2013年 (オカリナ17才)

2023年 (オカリナ27才)


描いています。





この映画では主にというか殆ど、2013年にスポットを当てています。





「LIB」では半年という作品設定。

衣装チェンジ数が多く、大変頭を悩ませてましたね。

実際、撮り終わって編集段階で「あっ・・emoji」が2回ほどあったのはココだけの話です。







そんなことあって次作「ワンズ」は一夜の出来事。

数時間です。

衣装チェンジなしの、開放感!

最高です!






そして「イマフレ」。

作品のテーマ的に一日は到底無理。

具体的に描いていませんが、気持ち半年です。


気持ちね、気持ち。






ということで、衣装替え多そうに見えますが、

今回は 強み があるんです。






そう、






学生!






学生服制度、万歳!







これなら衣装チェンジする必要なし。


更に家着はラフな私服オンリーワン設定に!






でも、リアリティを追求するにあたり

レッスンシーンで流石に学生服はありえないので、そこだけ衣装チェンジ。






そんなところで、脚本の衣装チェンジ回数をリスト化してみると、





オカリナ・・・11チェンジ
さおりん・・・・10チェンジ
そーすけ・・・・・9チェンジ
りょうたろー・・・・9チェンジ
れん・・・・8チェンジ



emoji

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

動画

ブログ内検索

QRバーコード

チェックしてね

コガネモチ

Copyright © 不思議箱屋日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]