忍者ブログ

不思議箱屋日誌

 現在札幌にて日々活動中の自主制作映画プロダクション!    役者、撮影、編集、音楽、絵、衣装、メイク、特殊メイク、特殊効果、広告・宣伝などのスタッフサイドの参加も大・大・大募集。  まずはご一報を ⇒ husigibakoya@excite.co.jp

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アイアンフィルムメーカー2015in不思議箱屋《表彰式編》 」

2015年10/8


企画編 ➡︎ 撮影編 ➡︎ 編集・完成編

に続き最後となる 表彰式編 をお送りします!

 作品提出された11チーム中ベスト4にランクインしたので、前年度同様、チーム:不思議箱屋と今回は役者さんとで 札幌国際短編映画祭オープニングセレモニー へ行ってきました。




セレモニー開始前
役者さん
※ゴーストNABIIが高橋さんの手に乗っているのが見えるはず!?


 国際 と打ってる訳あって、外国人多し!

 ここは日本ですか? とかなりカオスな状況です。



 そんなわけで食べ飲みしながら、セレモニー楽しませて頂きました!



 まずは大御所スピーチタイム

 大林宣彦監督、鈴井貴之さん、イ・ジスン監督、別所哲也さん、秋元克広市長、etc・・・。



 特に記憶に残ったのは

今後、長編映画よりも短編映画が出てくる

映画で戦争の起きない異文化交流

 

 スピーチの後、協賛等が呼ばれ、ついに我らの アイアンフィルムメーカーコンテスト の表彰式に移ります。

 

 




 ベスト4チーム。

 事前に聞くと32グループあるそうで、前回3位だったので、 順位を一つでも上げたい ところなのです。



 照明が消え、真っ暗な室内にスクリーン上映。

 入賞
4チームの作品が順に流れます。

 チーム不思議箱屋の作品は、二番手。

 各作品1分なので、4分という短い時間で上映終了。

 まずは 3位となる2チーム が 発表 されます。


 一組目 、、、KBT48
 
【3位】作品名:”She is killer"
チーム名:KBT48




2組目、、、不思議箱屋


【3位】作品名:Step up girl 
チーム名:不思議箱屋


 おっと もう来てしまったか・・・

 まだまだ、3位から2位への壁は高かったです。






チーム代表が賞状を受け取るのですが、
ここはあえて女優に!

 続いて2位、pipe16.2


【2位】作品名:”マスク
チーム:pipe16.2







そして一位、恵比寿フィルムクラブ

【1位】作品名:”女優になりたい・・・
チーム:恵比寿フィルムクラブ







 セレモニー終了後、呼ばれた監督、スタッフ、出演者にて記念撮影を撮ります。



海外から呼ばれている外国人監督方がいる中、
ちゃかり一番中心を陣取る
チーム不思議箱屋w



 

 結果は残念でしたが、オープニングセレモニー等いろいろ いい刺激 を受けました。

 作品を作って評価されるということ自体が実質少ないので、いい経験になりました。

 そして食べ飲み堪能しました!

 素晴らしいスピーチもありがとうございました。

 大満足です。

 

 

 アイアンフィルムメーカーコンテスト、今年は初めて 全国から参加募集 。一位のチームは道外のチームだそうです。

 

 

 来年は 世界規模で募集 するらしいという噂もあり、更に厳しい接戦になりそうですが、チーム不思議箱屋、来年2016年も募集がある限り、 参加 する方向で考えています❗️



 次こそは3位の壁を飛び越えたいです!


    




 以上、アイアンフィルメーカーの舞台裏日誌 でした。





セレモニー終了後
チーム:不思議箱屋 と 出演者の水無瀬叶和さん



 改めてチーム不思議箱屋メンバー、出演者の方々、協力して頂いた方々 ありがとうございました!




 

拍手[3回]

PR

アイアン2014授賞式報告

2014年10/7


 札幌国際短編映画祭20 14 前夜祭にて、
 

  チーム不思議箱屋にとってはアイアンフィルムメーカー2014授賞式に参加してきました。
 


 入り口の電子版
 

 


会場はこんな雰囲気 
シャンデリアめっちゃ釣ってありました!







 上田市長のお話から、セレモニーがスタート!







 国際 と名が付くため、外国人(映画監督方)もけっこういて日本語以外も飛び交う会場内。

 なかなか味わったことのない空間でしたね。

 










 さて、そんなこんなで、アイアンフィルムメーカー2014の表彰式、

 


 13チーム中から選ばれた3チーム、


 ここで、 ベスト3 が選ばれます。





上映中







 さて、結果は...
















 3 でした。







こちら賞状



 
あっ、惜しい...
「知ってい ...」ではなく「知ってい ...」ですね






 はじめてもらうなので額縁買って、大切に保管したと思いますね。


 




軽いお食事(けっこう豪華だった!)&飲み物付き






 会場、なれないせいか変に緊張。

 あまりたらふく食べれず・・・・。







 と思ったら二次会が!








 始めて会う監督さん方と席がご一緒に。






 映画話にが付く、が付く。







 自主制作のあるあるネタなど、とても居心地のいい空間と食事を堪能し、帰りは終電ギリギリで帰宅。







 映像制作のモチベーションが上がったのは言うまでもありません。

  


 




 というわけで、

 アイアンフィルムメーカー、来年は更に を目指そうと思います!


 
 
 
 

念願のパスGET!




期間中、時間許す限り、短編映画 を思う存分堪能(吸収)したいと思います!




拍手[1回]

アイアンフィルムメーカー2014コンテスト結果は...

2014年9/20



 本日、 アイアンフィルムメーカー2014 表彰式へ行って参りました。







 さて、その前に肝心な自信の程は?



 正直なところ シンプルに過ぎないか? という印象。

 




 そして何よりも心配だったのが、他のチームと比べ 映像の画質そのものが悪い という。
 
 



 
 

提出作品ver(低画質)

スマホでは同一ですが、PCで画質をマックスまで上げてみるとその差は歴然。


本当はこの画質で出したかったver(高画質)


 




 提出当時は原因が分からなかったのですが、要は


 ipad上でweb移動すると低画質に。

 iPadをパソコンを同期させて移動すれば高画質で取り出せる。


 というわけで、低画質が評価に影響されないかちょっとだけ心配だったんですよね。

 







 まずは全13チームの作品を一挙上映。

 その後、審査員から上位3チームの名前が発表されます。




一番最初でチーム名 ‘ 不思議箱屋 ’ が言われたので、驚きました。





 ポイントが高い点として 「ストーリーが他のチームに比べ分かりやすかった」 とのこと。


 他にも「全体的に見やすい」「ハードボイルドという要素だけで終わっていない」「カップルの女の子リボンが良かった(ココ大事!) 」などなど。



 特にストーリーに関しては、前年度の「コスモバスター」の反省点を踏まえたシンプル作戦が成功した部分だったので、そこが評価され嬉しい限りです。
 
 

 

アイアンフィルムメーカー2014 集合写真





 昨年、入賞できなかった上位3チーム枠へ進出!
 
 
 出演された役者さん、チームスタッフの皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました!





 さて、というわけで「ボートは知っていた...」は10/8から開催される

 道内最大規模の 札幌国際短編映画祭 にて各国のフィルムメーカーの前で上映されることが決まりました。そしてそこでグランプリが決定します。はたして・・・。





 ちなみに一般入場はおそらくできないと思われるのですが、またのないチャンスなので、現地の雰囲気を存分に楽しんでいきたいと思います。

 では進展含め、当ブログにてこれからも追いかけていきます!





 


短編映画「都市伝説ハンター/中島公園ボート乗り場の噂編」
※アイアン提出関係なく思う存分編集で遊んだロングver
 
 

メイキング
  

 



拍手[1回]

「SCUP2:イマジナリー・フレンド」終幕

2014年6月28日

 映画上映イベント「SCUP2:イマジナリー・フレンド
本日、無事終了しましたー!

 オツカレー!!!



  

 楽しんでいただけましたでしょうか?

 

 ご来場の皆様、本当に、本当に、ありがとうございました。

 

 改め、

札幌映画サークルの皆さん、
アクターズスタジオの皆さん、
LOVERSSOULさん、
チャンネルカフェさん、
札幌プラザさん
そして映画制作スタッフ方々、

他多数ありがとうございました!!



 


 冒頭のトーク後、竹中はササッと劇場に入り鑑賞、もう見慣れた映像なのですが、
ところどころ笑いが起きてニンマリしたり、感動的なシーンでは涙線をヤラれました。

 また撮影当時から約一年くらい経ったのもあり、生徒が皆大きくなっていることに驚いたり、

 出演者トーク、雑談トークも面白くて舞台袖で、聞き入ってしまったり、

 上映前にリハーサルをした舞台版イマフレは笑いのツボにハマり、

 LOVERSSOULさんの生歌披露の「青い線路」には鳥肌が立ちました!

 

 

 そんなこんなで当初、想定していた来場者(観客数)を超えてしまい、

 まさかのアンケート用紙が足りなくなくなる という自体になりました(汗)

 ・・・嬉しい限りです(^◇^)!

 

 

 


 さて、このイベント、

 普通に映画を上映して終わり

 だけじゃフツーなので、

 この映画を監督した竹中とSCC矢武プロデューサーを筆頭に何度も打ち合わせをし、試行錯誤の末、企画実現致しました。

 


 
 
映画上映後のイベントの様子を振り返ります。

アクターズ生による雑談トーク
(現役アクターズ生による休憩タイムを利用した雑談トーク)


前半メンバー


後半メンバー

  
  勢揃い

監督&Rikizoトークショー
(監督目線からの映画制作の裏側、SCCの歴史紹介)





舞台版イマフレ
(映画出演者によるコント風ミニ舞台)



出演者トークショー
(出演者が語るイマフレ)



LOVERSSOUL主題歌弾き語り
(主題歌披露、トーク)



写真撮影タイム
(SNS用宣伝用写真タイム)


 更にロビーにてロケーションさせていただいたチャンネルカフェさんからシフォンケーキと菓子パンの販売。

こちらはなんと完売したそうですね(^^)/

 

 

 ちなみに劇場の控え室や廊下などの舞台裏ではスタッフ&出演者が、

これどーするの?

誰々いなーい?

あれがなーい!


 などなどバタバタ四苦八苦していましたw

 

 


 さて、全国の映画館に上映される映画とは異なり、自分たちで自主的に映画を撮る監督がここ札幌にも何人か、もしくわ何十人が活動しています。

 ただし、自主制作映画は完成させても、実際に「見せる機会がない」という状況(金銭面、知名度がないから人が入らない)に陥るのがほとんどです。


 このような状況で、このSCUPという企画はクリエイターにとっては願ってもないチャンス。

 

 更に役者に限らず己で表現する者として、「あれをやりたい、これをやりたい」と願っても、なかなか芸能界甘くないです。だからこそ挑戦しがいもあるでしょう。

 また、見てくれる人がいる、のと、いない、のとでは大きくモチベーションが変わります。

 

 

 ここでお願いです。

 アクターズ生と映画を撮っていると、自分も夢とは何かを問わされる機会が多々ありました。


 映画の登場人物同様、生徒は夢を追っている子ばかりです。

 是非、応援してあげてください!

 


 応援してくれる人がいるから、輝けます。

 
  アクターズスタジオの 詳細

 映画の出演者は こちら

 
 
 
 
 
 
 
 また、このような企画を与えてくれました札幌映画サークルさん。

 映画が始まる冒頭にそのプロモーションビデオを流しましたが、かなり歴史があります。


 

 聞くところによると、

「現在人は昔に比べ、あまり映画を見なくなったそうです・・・。」

 映画は夢を与えてくれると思います。80分なら80分、その世界に浸れます。

 時に、辛い現実を忘れさせてくれる映画の力。かくいう自分もそんなキッカケで映画に刺激され、撮り始めました。



 そんな映画好きな人たちが集まったのがこの札幌映画サークル(SCC)。

 現在、下は18才から、上は85才まで。

 竹中も最近会員になりましたが、モットーとして掲げている

映画がもっと近くなるリアルに実感しています。

 只今、会員募集中!
 
 人手足りてないです。でも、楽しませるという分に関しては人一倍強くありたいですね。

 今後もこういった観客を楽しませるイベントを作っていきますので、興味があれば是非会員になって、もっともっと映画に触れあって見てはいかがでしょうか?


 詳しくは ココから


 なお、舞台上でも伝えましたが、映画の率直な感想意見なども本当に頂きたいです!

 全ては反映できませんが、貴重な一つの意見として受け止め、今後の作品制作に存分に生かしていきたいと思います。


 また、あの 出演者のもっと見たい などのご要望があれば、頑張ります!

 他に、あのシーンが最高だった!

 とか

 作品を見て率直な意見をいただければ制作者・演者共々嬉しく思います。

 こちらへ感想ください ➡  husigibakoya@inter7.jp

 




 
 さて、映画を作る以上に、実は疲れたこのイベント!

 ですが、とても、とても楽しい時間を過ごさせていただきました!



 私、竹中透もまだまだまだまだ未熟でありますが、いつの日か全国の映画館で流れる作品を監督する事が夢です。

 夢は夢で終わらせません。

 今後も何卒よろしくお願いします。

 

2014年6/28 「イマジナリー・フレンド」監督 . 竹中 透


拍手[3回]

SCUPにて上映終えました

 2013年12/07


おつかれさまです。

 

SCUPにて「末永とも子」無事、上映舞台挨拶終わりましたー!
 


でっかいスクリーン、壇上もです



 

 来ていただきました皆様、ありがとうございました! 
 
 
 
「末永」トップバッターで流れるということで、今回は‘自分の番が来るまでの待つドキドキTimeはなかったので、ササッとはじまりササっと終わりましたね。



「末永」組は監督と、友人役の倉本由梨亜さんとで壇上上がりました!

  



右端から竹中倉本さん、一人飛ばして「ウサギのホンネ」の佐藤真美子監督


 
  舞台挨拶
 

  
 
 
 

 映画監督として本当にこのような場に立たせてもらい感無量です。

 

 本当にありがとうございました!





  
倉本さんとSCUPのプロデューサー矢武さんと(左は矢武さん希望ポージング。元ネタわかりますか~?)





 さて、まだ早いですが、とりあえず2013年、不思議箱屋が携わるイベント事、全て終わりました。たぶん
 
 
 
 
 
 あとは溜まった映像素材の編集に当分当てたいと思います。









そしてSCUP終了後、

 「柳川堀割物語」上映の冒頭、竹中が編集しました1分弱のPV「映画サークル50th」が大画面流されました!


 こちらは会場がほぼ埋めつくされるくらいの大人数!

 映画サークルさんの中でもかなり好評で、頑張ったかいがありました!






 いつか自作品オンリーで、この札幌プラザ2.5を満席にするくらいの作品撮りたいです!

 目指します!


 来年はその夢に少しでも近づけるよう、できることから映画道 突っ走りたいと思います!
 
  

 
右は現在絶賛上映中の「かぐや姫の物語」高畑勲監督と
  
 

 高畑監督、握手お願いしましたら、

 78才とは思えない熱い握手を返されました。かっこいいっ!
 
 
 近日、まだ未見の「かぐや姫の物語」観に行きたいと思います。

 
 
 

拍手[1回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

動画

ブログ内検索

QRバーコード

チェックしてね

コガネモチ

Copyright © 不思議箱屋日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]