忍者ブログ

不思議箱屋日誌

 現在札幌にて日々活動中の自主制作映画プロダクション!    役者、撮影、編集、音楽、絵、衣装、メイク、特殊メイク、特殊効果、広告・宣伝などのスタッフサイドの参加も大・大・大募集。  まずはご一報を ⇒ husigibakoya@excite.co.jp

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不思議箱屋2013振り返ろう!

2013年12月31日



はい、どーも本日で2013年が幕を閉じ、

新たに2014年が開幕されます。



皆さんにとって2013年はどのような年だったでしょうか?




不思議箱屋は昨年よりも大きく飛躍した年となりました。

もし、興味があれば付き合ってください。




※下記にあげた記事はほんの一部となります。




※今のバージョンのブログと比べ、初期の頃はさん付け方式に統一されていなかったりと読みずらいところもありますのはご了承ください





1月7日
PV「地界へ降りた~」製作秘話

・今年だったんですね。自分でも意外でした。
・はねさん作品「カミさん」にフューチャーしたプロモーションビデオです



3月3日
アクターズスタジオ顔出し

・アクターズスタジオと映画やると決まって初めてアクタ内に入ったのがこの日。この時はまだ作品のタイトルも決まっておらず、期待と不安でいっぱいでした。
今読み進めていくと、当時はこんなこと考えていました
 
 
 
3月13日
【告知動画】TRAPS in 焼き肉もみじ

・「イマフレ」の前衛となる企画動画がアップロード完了。
・今思えばこの動画を撮ったことが、今に繋がりました



3月24日
「LIB」上映会の様子・感想を、

・撮影から2年越しで、狸小路2丁目シアターにて「LOVE IS BLIND/恋は盲目」、キャスト、スタッフの皆様の力添えで何とか一般上映をたどり着くことができました。当日はハプニングもありましたが、とっても楽しかったです



4月14日
「イマフレ」近況報告

・現行verのイマフレとキャラ設定がかなり異なっていますねw
出したいキャラも、メガネとかナルシストとかステレオタイプ過ぎますw



4月21日
テーマ 夢追い

・初期の「イマフレ」書くにあたっての気持ちが綴ってあります。



4月29日
はじめてのオーディション

・実は面接見る側が緊張するっていう・・・



5月1日
イマジナリーフレンドへの考察

・ここにきてやっとタイトル「イマジナリー・フレンド」が出てきましたね。
・いろいろ模索している最中でございます



5月12日
ショート×2ムービー&CM

・「末永」記念すべき一作目の撮影とほんまやCMを同日に撮影
・まさかこの「末永」がその後、札幌プラザ2.5の大画面で公開できるなんて、この時は思いもしませんでした



5月15日
脚本変換とVAIO

・脚本制作にVAIO購入しました。



5月22日
振り返ろう「ほんまやCM」

・現在、残念ながら店舗は閉店されましたが、初CM作り、楽しかったです!写真見ると本当に美味そう。またいつか食べれる日が来るだろうか・・・あぁモチモチ麺



6月2日
完成しました「末永とも子物語」

・ここで記念すべき一作目が完成しました。



6月21日
「面接試練」から現在までを回想

・「イマフレ」制作にたどり着くまで回想しています。
※長文注意



7月1日
イマフレはPVがいっぱいなのだ!

・最終的に作ったのは②、③。あとショートドラマ2本。



7月9日
登山家スタイルで登場!

・カメラを初めて使うスタッフもいるため、事前に機材講座もやりましたね。
・それにしても毎度毎度重装備でした



7月11日
ALLキャスティング&脚本完成稿

・長きに渡った執筆執筆の旅がここで終了。計78ページという厚い本の完成です
・そういえばyu-ki先生のレフ版、この時しか目にしてないwもしや封印されたのか?



短編「TIME TRIP」について

・岩見沢時代の初期短編をアップしてみました。今の作風の異なる絵コンテ主義時の自作自演の。正しくオンリーワン作品です。



7月21日
本日の撮影模様

・「末永2」「真理愛」を同日撮影。
・ちなみに現在編集中の「真理愛」の方は音声が死んでいて全編アフレコ予定です。公開は2014年
 
 
 
7月22日
リストアップしましたー

・出ました、虫眼鏡でみないとわからない撮影進行表。今思えばよく撮り切ったなとw。すべては役者さんスタッフさんの力量のおかげです。



7月24日
スタッフオンリー読み合わせ

・撮影前日にやりましたね、スタッフ集めて脚本読み合わせ。役を振り分けし動きながらやりました。
・かなり時間がかかったのを覚えています。



7月25日
「イマフレ」クランクイーーン!

・この日が記念すべき「イマフレ」撮影クランクイン日。ここから長い長い撮影の旅が始まったのです。
・スタッフかずやんの田中果樹園。さくらんぼの甘さ・大きさに皆さん驚かれておりました。
・その後、オカリナ、ソラ、コバP演じる役者さん3名と対面し、作品のイメージ共有しましたね。



7月28日
撮影時間は10分間。

・10分撮影、やりましたねーw




※ここから忍者ブログへ移行しています!




8月8日
【撮影】馬耳東風&女子高生

・丁度、ロケ先のおのべかさんにTV局が取材に来ていました、急遽NHKデビューを!
・中島公園にて学校帰りのシーンをロケしました。途中物凄い豪雨が襲ってきて、さぁ大変w
最終的には一か月後に続きを撮ることになったとさ。



8月10日
【撮影】ドリーミン&ほんまや

・朝10時よりアクターズ内にてドリーミンのシーンを撮影しました。
・室内撮影はサウナ化して後半、NG連発
・前日に作った打ち込みリズム音楽に合わせてyu-ki先生の地獄の足上げレッスンシーンも撮影
・田中果樹園の動画を実際に流して撮影
・リュウテツのコントシーン撮影
・22時までの撮影、SDカード32GBの領域がほぼ埋まるという長期戦の撮影でした。



8月13日
【撮影】ボクがレオンだ!

・架空TVドラマの撮影ですね



8月14日
【撮影】オカリナ✖良太郎

・大通公園で弟キャラ良太郎とのシーンの撮影。途中雨に少し降られました。



8月15日
【撮影】チョコビタ&幼少期ver&オカリナ&ソラ

・「末永」シリーズのはねさん脚本の「チョコレートビターガール」を豊平川で撮影。イマフレ本編で流れるTV番組となります。撮影時日光ガンガン当たってきました。こんがり焼けました
・幼少期のオカリナ&ソラと母親シーンの撮影。子役の演技にスタッフ一同驚かされました!
・午後からはオカリナとソラのクライマックスシーンを撮影。とてもいいシーンに仕上がりました
・日が沈んでからはオカリナ自宅シーンの撮影。ここでもサウナ撮影で扇風機が大活躍



8月24日
【撮影】ドリーミンpart.2

・オカリナと早織のシーンの撮影
・蓮が狸小路で何度も走りました
・この日に階段裏で重要なシーンを撮影したのですが、後日、服が違うということが判明し、撮り直しすることに



9月2日
アイアンフィルムメーカーin不思議箱屋《企画編》

・24時間の制限で1分間の動画制作を強いられる鉄人映画作りにチーム不思議箱屋として挑戦。ちなみに実施日は厳密には8月31日です。
・こちらも雨の中、ウェラブルカメラ片手に走り回りました。
・完成した作品は「コスモバスター」



9月8日
【撮影】大通×中島×カフェ

・良太郎と美咲とのシーンを大通で撮影。黒バスいたねw
・実に一か月ぶりに中島公園にてリベンジ撮影。ほんと晴れて嬉しかった
・cafe'Bouquetにて清原仕事内容説明シーン撮影。アドリブ説明、笑いすぎてカメラブレまくり
・撮影終了後、コーヒーと美味しいシフォンケーキいただきました



9月10日
自作と共に「北の映像作家展2013」行ってきました

・狸小路2丁目シアターさんで、北の映像作家展2013より「末永とも子の野望」が上映されました。
・この日の飲み会で「SCUP」関連情報仕入れました



9月13日
【撮影】狸小路とアクタビル前

・狸小路、アクタ前での撮影をしました。



9月15日
【撮影】女子オーデション&LIVEシーン

・映画の中でのオーディションシーンを撮影。質疑応答はアドリブ戦
・午後からはスペースアートスタジオさんで本編終盤のLIVEシーンを撮影。照明あるとやっぱかっこいい!おそらくこの日が一番大人数での撮影となりました



9月16日
【撮影】オカリナ宅居間&ドリーミン

・前日に部屋を撮影用に模様替えして竹中宅にて撮影。撮影中は手が空いた役者さんがナビィ抑え係でした。申し訳ない。
・食事シーンに初挑戦しました
・午後よりアクタのリアル事務所で撮影。清原のオーラがとにかく凄し!
・ドリーミンの撮影も役者スケジュール押しの為、かなりのハイペースで進行



9月23日
不思議箱屋 in 機材紹介

・使っている機材紹介しました。保存版です。現在はこの機材にマジックレンズこと単焦点レンズが加わりました



【撮影】清原の事務所のシーン

・取り残しの撮影ですね



10月9日
【撮影】チャンネルカフェ&狸小路

・チャンネルカフェにて再撮影。手作りバーガーめちゃウマす!
・LOVERS SOULのCHIHIROさんが特別出演。狸小路に歌声が響き渡りました



10月13日
【撮影】ウサギのホンネ

・「イマフレ」でも撮影助っ人として活躍しました佐藤真美子さん初監督デビュー作のクランクインしました。
・言葉が通じない動物の撮影はやはり難しかった



【撮影】狸小路&路地裏&アクタ

・沢山通行人がいる中の狸小路ゲリラ撮影、ハプニングあったね
・激しい雨が降る中、ケンカシーンを撮影。停車中の車のヘッドライトがいい効果を発揮しました。
・血ノリ使いました!
・未来編のオカリナ、早織、早織の子(愛)のシーンをアクタ内で撮影。遅くまでお疲れ様でした



10月19日
【撮影】狸小路&カメラマン&捕まる

・寒かった狸小路撮影
・ヤシンカメラマンの撮影もこの日。アドリブ最高でした



10月22日
【撮影】ついに「イマフレ」撮影クランクアップ!

・ついに長きに渡った「イマフレ」が撮影クランクアップ。締めはインスタントラーメンでした。
・撮影終了後、メイキングインタビュー集を収録。あ、一部音声録れてないっていうのが後で判明



11月3日
クラークシアター終えて

・「末永」シリーズと「ウサギのホンネ」がクラークシアター第二会場にて上映。
・好評の声を聴き、とても嬉しかったことを覚えています



11月10日
「線路女子」クランクインしました

・佐藤監督2作目の撮影がクランクイン!



12月7日
SCUPにて上映終えました

・札幌プラザ2.5にて「末永」シリーズと「ウサギのホンネ」超大画面で上映されました。場所が場所だけに感涙ものです。
・個人的に高畑監督に間近で会えたのも嬉しかったです。



12月23日
すすコマ制作「オサジョー」

・制作としてかかわったショートドラマPV。はたして来年は・・・こうご期待!






 以上で2013年のピックアップした一部分ですが、振り返りました。


 2014年は更に飛躍した活動できるようがんばりたいと思います。






 ちなみに現在の予定では、

 上旬に映画「イマジナリー・フレンド」一般公開上映!

 末永シリーズ最新作 第3段「末永とも子の約束」の制作。

 「イマフレ」撮影スタッフかずやんこと、田中和幸初監督作の制作

 「オサジョー」の後継企画もの などなど続々待機しています。





 2014年もよろしくお願いします!




不思議箱屋代表 竹中透

拍手[1回]

PR

アイアンフィルムメーカーin不思議箱屋《編集編》

2013年9/4 

オツカレー


 コスモバスターの製作日誌、ラストを飾るのは 《編集編》!



 
いきます~!




 その前に前回の《撮影編》で書き忘れたんだけど、

 当初捜査官、実は7グループくらいアクション撮影する予定だったんだけど、あいにくの豪雨で中止するがパフォーマー続出、というわけで4グループになりました。







 さて、13:00〜16:00 で素材撮り終了!

 撮影したデータいざMacに取り込みます。




 ウェアラブルカメラの映像はすぐ取り込めたのですが、

 高画質の一眼レフのデータ、予想はしていましたがやっぱ重い!

 読み込むだけでも 想定2時間 ってなんすかw






 とりあえずデータをPCに入れ終わり、編集タイムスタート!

 ちなみに編集場所はyu-ki先生





 このアイアンフィルムメーカー、ルールの一つとして、
 

 編集は iMovieのみ制約 があります。





 俺、ここ5、6年は映像編集する際はEDIUS一本!

 過去にAdobe Premiere Elementsビデオスタジオ等使ったことありますが、今回の iMovie は初めての経験。

 というかMac、店頭でチョチョっと触ったことがある程度なんです。





 とりあえず iMovie起動!




映像編集なんて基本やること一緒、どこのソフト使っても一緒だろ?
 
 




 早速、壁にブチ当たります
 
 
・映像どうやって切るの?

・タイムラインどこ?あれ、操作したのに反映されていない(泣)





 心の余裕が一瞬にしてアッサリ彼方に吹き飛びました。

 操作が分からなくなるとその都度、ネットで  小まめに検索




 EDIUSなら数秒で終わる操作も数十分かかる始末。効率悪いぞー
 
 
 数分、数十分頑張ってダメなら次行こうみたいな感じで、とにかく手を休めず三人で協力して編集作業を進めていきます!







で、最終的に俺一人 徹夜 しました。







一睡もしてないです・・・。そのまま翌朝の締め切り2時間前に提出完了。







これが正しいこのコンテストの本当の意味、

鉄人 となれということなんですねw





 
 
 
 
 
 
 というわけで我がチームの「コスモバスター」、


 わからないなりに知恵を振り絞って格闘した汗と涙一分間

 




 音楽効果音トランジションなどの全ての効果演出は iMovie で作りました。






 編集終えて思いましたが、やっぱ使い慣れているソフトが一番です
 
 ただ、前々から気になっていたソフトだったので、こういう機会に触れることが出来て良かったです。






【ちなみにEDIUSがiMovieに負けた点】

豊富過ぎる音楽と効果音
▶EDIUSはこの部分一切入っていないので凄い羨ましいです


映像フィルタ効果が分かりやすい
➡リアルタイムでカーソルを見たいエフェクトに載せるだけで、一瞬で本編エフェクトがかかるのは凄い便利だなと思いました。冒頭の波形映像もサンプルそのまんま使用しました


・オーディオ加工が分かりやすい➕基本サンプル即使える
➡上記と同じく、リアルタイムで加工後の音声が聞けるので、毎回付けて確認作業必要なEDIUSと比べると便利他ならない。ロボ系のアクション声は一発で採用しました







【今回の編集作業中で、最終的に解決出来なかったこと】

・コマ送り編集
➡おそらく方法があると思うが、判明できず
だいたいのところで切ってみる。ずれたらそこを更に切るというなんとも根気がいる作業で頑張りました
 
・タイトルの作成方法
➡一応載せることは出来たけど、お目当ての出方にならず・・・
  
  
 


  完成品がこちら


    ↓
  
 

「コスモバスター ~だいどんでん編~」  








というわけで、どうでしたか?




アイアンフィルムメーカー製作日記




一分間の作品、このようにして制作していました。


ほんとはもっともっと書ききれないことありますが、とりあえずこの辺で!






明日、5日の午後より、

全15チームの中から上位の3チーム選ばれます!







その3チームは札幌ショートフェストにて大勢の観客の前で上映されます。

そしてそこでグランプリが発表されるとのこと。





作品は既に提出済み、

泣いても笑っても結果は変わらないので、入賞or落選しても
分かり次第、報告します。
 
 
 
 でも ベスト3 には何としても食い込みたいところですね!





ちなみに他チームの作品は こちら
 
 

拍手[1回]

アイアンフィルムメーカーin不思議箱屋《撮影編》

2013年9/3


前記事に引き続き 《撮影編》 いきます!




撮影環境は・・・常に雨 でした。
 



 
常々、降り続く雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨

普段の映画の撮影なら、延期しようemoji って事になるのだけど、







アイアン(鉄人)  はそんなこと言ってられません
 

 雨は友達さemoji
 
 
 
 
 
 
というわけで、雨気にせず GO on!



救いなのはウェアラブルカメラが防水仕様ってこと。






さて他のチームも雨の中、撮影
 
撮影時間は同じなのでどこかかんかで、ウェアラブル装着者に出会います。

あぁ、撮ってる撮ってるーemoji
 
 
 
 
 
ちなみに我がチームは映像製作で普段から使用してます、愛用一眼レフ 
EOS60D をメインとして使用しました。




 
 
 
さて、主人公のU.M.A.ハンター捜査官はyu-ki先生

 




捜査官という設定なので、普段着だとインパクトないから、

とりあえずあえず黒コーデに決定!

有無言わず皮ジャンだね。
 
 
     
ちなみに全チームに支給されたウェアラブルカメラ



これで全編撮影しなさい というルールはないので




我がチームはカメラカメラの用途として使わず、

カメラ本体を常に本編の映像、小道具 として利用しました
 
 
  
  

  
事前の配られたプログラム表。

↓  ↓  ↓

 
が濃いところが事前に、アイアンフィルムメーカーの一件が伝わっている とのこと
 
 
 
 
 
 
 さて、

U.M.A.ハンターとコラボさせていただいたのはこちら4組
 
  
・男鎌田真吾 さん
・シルヴプレ さん
・フルーティー♡ さん
・トイシアターさん
 
 
皆さん、ご協力ありがとうございました!



 


順番に振り返ります。
 
 
 



男鎌田真吾 さんは

実は一度、何処かのイベントで見たことありました。

当然の撮影、それもU.M.A.役。

ノリがとてもいい方でアクションも、雨の中、半裸でノリノリで演じていただきました。


撮影してて周り見てませんでしたが、動きがアクションだけに
周りの視線をかなり浴びていたかと思います(汗)
 

 
ありがとうございましたー!



******


シルヴプレ さんは

撮影までに少しですが芸を遠めで見させていただきました。
 
雨の中体を張った芸で、場を沸かせていましたよ
 
2000年から活動されており、愛と笑いをテーマにした2人組みパントマイムさん

 

 
ありがとうございましたー


******


フルーティー♡ の皆さんは

ご当地アイドル2012U.M.U.AWARDで全国優勝した、 育成型フルーツアイドルの7人
 
パフォーマンス開始前からかなりの人だかりで出来ており、これは撮影難しいかなと諦めかけましたが、

奇跡的に待機中の色とりどりな7名を見つけ、無理承知に交渉。

撮影時間数十秒、ササッと撮らせていただきました。
 

 
ありがとうございましたー!



******



トイシアター さんは、

動画見てお分かりの通り、わざわざ、この作品の為に即席ストーリーを作って頂きました。

尺の都合で惜しくも半分ほどカットしていますが、表情・動き豊かで感激しました!

いろんなジャンルの芸のレパートリーがあるそうですよ!
 

 
ありがとうございましたー!
 
 

 
 
******




撮影環境は常に雨天で最悪でしたが、

取り込んだ映像を後ほど見直してみると、なかなか普段お目にかかれない絵が!!
 
 
 


期間中は鉄人なんで、 

撮影してて全然、パフォーマンス見れませんでした。今度ゆっくり見たいですねぇ





アイドルパフォーマンスの熱気がヤバかったですね。

全力で次のパフォーマンス会場へ行く姿はまさしく ムーの群れ でした!!
 
 
 
 

コスモバスター ~だいどんでん編~




次回、《編集編》をお届けします!

拍手[1回]

アイアンフィルムメーカーin不思議箱屋《企画編》

2013年9/2

オツカレー!


チーム不思議箱屋アイアンフィルム2013に参加してきましたー





アイアンフィルムとは?
➡ こちら  見てね




8/31、10:00に ICC にてまずは、今回のアイアンフィルムメーカーコンテストの説明を受けました。


↑これが前提条件
 




規定




規定の中でも特に中でも気になる点は・・・

01)映像編集はiMovieでおこなうこと

→編集ソフトはここ数年「EDIUS」で慣れきっているので上手く操作できるのか?一度も使ったことないです。アップルのマックには必ず搭載されている映像編集ソフトだそうです
 
 
 
 
 
 
 
 
他に必要な要素があって、映像の中に

パフォーマンスカーニバル だい・どん・でん
 
だいどんでんポスター
※特設サイトは こちら



と、


Action



を必ず用いること。








 更に事前説明会にて開封厳禁の茶封筒にて、新たな要素、

静と動

 が発表されました!
 
 

 
 
 
  
 説明会を終え、11:00より24時間映画製作がスタート!

 締め切りが翌日の11:00です。ちなみに参加チームは15チームとのことです
 
 

 
 
  
 更に今回、撮影にはウェアラブルカメラを用いること(全編じゃなくていいそうです)。

 
  簡単にいうと身につけることにより、ハンズフリーの状態で撮影できる小型カメラです。
 

こちらです → HX-A100


 このアイアンフィルム、ウェアラブル提携がなんとあのパナソニックさん、そして編集ソフト提携はアップルさん!!
  
   
  
  
  
   
    
   ちなみにテーマの ‘だいどんでん’ と ‘Action’ は事前に告知されています。

 そのテーマを元にどういった作品を作るか考案。

 撮影前日くらいに具体的な作品イメージが出来上がりました。
 

 
 
 
 
 
まずはじめに念頭にあったのは他のチームと被らないもの

 既に過去のアイアンフィルムの動画が閲覧可能なので、いろいろ見て思ったのは

 劇画映画タッチは外せないとのことでした。チーム不思議箱屋なので映画要素ありきだ。
 
 
 


 
 
 実際に現地で実物のウェアラブルカメラを見て、まず思ったのは

 すごいデザイン的に かっこいい!

 SF映画にそのまま出てきそうな感じなのです。







 そこからいろいろ発想し、チーム内(竹中の他にyu-ki先生、真美子さん)である程度、概要が固まってきました。 

 映像素材として必要不可欠な だいどんでん が13:00~17:00までのリミット制限があるのが難です。

 このだいどんでん、映像にただそのパフォーマンスを挟み込むだけじゃ味がないので、この作品中での必要要素として コラボする という点も重要視しました。

 
 
 

 なので必然的に主人公ががいて、その主人公がだいどんでんのパフォーマーと接触要素は外せない。
  
     
     
      



 はい、というわけで《企画編》はここまで



   
  
   
   
 ちなみに我がチームの完成した作品は、

タイトル 「コスモバスター〜だいどんでん編〜」です。



完成作品本編





 次回、雨にまみれた《撮影編》お送りします

拍手[1回]

【振り返ろう】田中果樹園ロケ

2013年8/29


はいー、お久しぶりの~~~~~
 
 
   

オツカレー!


どーも、カメラさん こと、竹中です
 


 
 
新ブログでも ‘ 振り返ろうシリーズ ’ やりますよ



※一部画像は前ブログで使ったもの使ってますのでご了承を
 
 
 
動画と連動してます




まずは、こちらの動画を見てね。約3分なんで見てみてくださいな



 ↓  ↓



動画「イマフレ動画②メイキング田中果樹園ロケ」






はい、

見てくれましたか?






こちらは 不思議箱屋 × アクターズスタジオ


コラボ自主映画「イマジナリー・フレンド 」の中の架空TV番組のメイキングです。

 
 



架空といっても果樹園自体はやってます!!ので機会があれば是非是非、足を運んでください。


感動すること間違いなしです。


サクランボの季節は終わったのですが、ブドウが9月からなので是非!





 
ちなみにこの撮影が「イマフレ初クランインの撮影でした。




当日は。 



前日に雨模様と知り、無事クランクインできるのか?

と不安要素があっての初日を迎えたわけでありますが、





果樹園自体、頭上にシートが覆われていたのでなんとか撮影することができました!!
 

 

 雲行きヤバイでしよー





 
ちなみに遅れましたがこの田中果樹園は「イマフレ」スタッフのかずやん がやっている果樹園なんです!

詳しくはこちら ⇒ ホムペ







昨年に、yu-ki先生と果樹園へ行き、たらふく食べてきました。

店頭で普段目にするものより粒が大きく、甘い、しかも食べ放題!!

自分で取る楽しみ等々、なかなか味わえない体験をさせていただきました。





もちろん今回、初めてサクランボ狩りを体験したキャスト&スタッフ陣も皆、もれなく感激してました。






さて、この番組「グルメキャッチ」、

イマフレ本編でコバPがyu-ki先生の足上げレッスン中、止めてこのTV番組を見るシーンで利用しています
 
 
 



 
とりあえず、設定としては

毎回この3人が美味しい食べ物をキャッチしていくグルメ番組です。
 




肝心なその動画は映画本編上映で見れます。

恐らく一部しか映らないので、改めて上映会後

番組ノーカットでYouTubeにアップするかと思います。

上に上げたメイキングの編集は竹中が行いましたが、本編の編集はyu-ki先生です

 


 
 
さて、 

動画から見て分かるように後半、追いかけっこしてますw



本編では一切この部分使っていませんが、もったいないのでメイキングとして使いました。






カメラ持って走るの大変です。思った以上にシンドイです

映像がブレないように走ると必然的に可笑しな歩き方になるので、普段使わない筋肉を使います。

実は後半走りながらバテました(汗)
 
 



 

 
ちなみにこの撮影の後、アクターズスタジオへ戻り


メインキャスト

島田さん(オカリナ役)
三浦さん(ソラ役)
辻さん(コバP役)

とオーディション後、初対面して「イマフレ」についての説明等々を行った記念すべき日でした。
  
  


 
  「グルメキャッチ」撮影後もアクターズスタジオにて3人をよく見かけるのですが、
 
ももっち役の種田さん、ららっち役の猪子さんには必ず「あ、カメラさん!」と呼ばれます。





いつもハット被っているので、もう覚えられたようですね。






というか、カメラさんじゃなくて監督 だと教えてあげても
  
  
カメラさんはずっとカメラさんだよ 」
 



と断言されたので潔く諦めますw
 
 


お持ち帰り用サクランボいただきました

 
 
 
そうそう、撮影に集中しすぎてロケ中、全然サクランボ食べれませんでした。

ブドウ狩り は是非行きたいなー

拍手[1回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

動画

ブログ内検索

QRバーコード

チェックしてね

コガネモチ

Copyright © 不思議箱屋日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]