忍者ブログ

不思議箱屋日誌

 現在札幌にて日々活動中の自主制作映画プロダクション!    役者、撮影、編集、音楽、絵、衣装、メイク、特殊メイク、特殊効果、広告・宣伝などのスタッフサイドの参加も大・大・大募集。  まずはご一報を ⇒ husigibakoya@excite.co.jp

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イマフレ編集状況(3/7付け)

2014年3/7(金曜日)

 どーも、お久しぶりのオツカレー




 私事ですが、最近を変えたので、以前のようになかなか「イマフレ」の編集に手が回せていませんが、ゆっくりですが少しずつ進行中です





 編集の奥深さを少し語りたいと思います。


 ただの映像の切り貼りと言ってしまえばそれまでですが、やっぱうまい編集は素材を最大限まで上げてくれます。





 何気ない会話シーン、
 
 現場での空気

 セリフのやりとり




 映像編集のいいところは、現場のセリフのやりとりのをコントロールできるという特権があります。



 


 例えば

オカリナ「コバPが言っていた事覚えている?」
爽助「コバP?」
オカリナ「アクタのビル前で怒られたこと」
爽助「おお」



 この何気ない会話なのですが、

 こういうこともできます




オカリナ・・・ コバPが言っていた事覚えている?」
爽助(被さり)コバP?」
オカリナ「アクタのビル前で怒られたこと ・・・
爽助・・・おお」





 わかりますかね?




 セリフの掛け合いって

 自分、相手、自分、相手って順番は変えずにに着目することでシーンの意味合いが変わっていきます。

 その間合いをうまくコントロールすることで、作品の雰囲気(空気感)も若干ですが変えることができるのです!
 
 




 現場で気づかなかったところや、音楽のイメージでも前後するので、

 こういう会話シーンこそ編集マンの手腕が試されるのです!





 
このカット好きw
吉田恵介監督がよくやる構図です
一応言いますが見せたいのは奥の二人です

 
  
 

夏から秋にかけて撮影したシーン。
早く雪解けないかな

 

中島公園での電話からの決意シーンはとても見所あるドラマシーンに仕上がってきてます
乞うご期待っ!





 というわけで奥深い編集、楽しんで進めています!



 
 
 話が変わりますが、この作品「イマジナリー・フレンド」は昨年の8月下旬より撮影開始。現在は編集の真っ只中。

 出ている役者は一部を除きアクターズスタジオさん(俗に言うタレント養成所)の方々をメインとして数多くキャスティングしております。


 

 今まさに自分の夢を追っているエネルギッシュな方々ばかりです。




 
カフェシーン



 最近だと本作主演(オカリナ役)の島田朋華  さんは地上波のホーマックCMに出演中!


本編シーン抜粋





 更に馬耳東風の美咲役吉田凛音さんは先日、ゴールデンタイムでかなりピックアップされてTV出演を果たしました。


本編シーン抜粋


ありました!




 他にも数多くの方々がメディアに露出しています。

 撮影でご一緒した経緯もあり、イチ応援者でもあるので、情報が来ると自分のことのようにうれしく思います。と同時に「イマフレ」早く完成させなくてはという焦りもw

 勿論、自身も映画監督として上を目指します!
  
  

カメラマンによる撮影シーンは次々カットが切り替わります 
 
 
 
 はい、長くなりましたが
 何が言いたかったのかというと、編集がんばります!


 





拍手[2回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

動画

ブログ内検索

QRバーコード

チェックしてね

コガネモチ

Copyright © 不思議箱屋日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]